生物多様性農業支援センター スタッフブログでタグ「ラムサールフェスティバル:大崎で開催 /宮城」が付けられているもの

ラムサールフェスティバル:大崎で開催 /宮城

 「蕪栗沼及び周辺水田」と「化女沼」の二つのラムサール条約登録湿地を持つ大崎市は14日、生物・環境保護NPOなどと協力して5回目の「ラムサールフェスティバル」を同市田尻の田尻文化センターで開いた。

 会場では、「化女沼」が渡り性水鳥の飛行ルート上の湿地を保全する国際ネットワーク「東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ」(事務局、韓国・仁川市)への参加を認められたとの報告があり、伊藤康志市長に事務局から認定証が渡された。

 パートナーシップの参加湿地はこれで10カ国80カ所。国内では28カ所。県内では「蕪栗沼」に次いで2カ所目。

 「小中学生の活動報告」では、同市田尻の市立大貫小が児童らによる「人間代かき」や田植え、除草を基本に無施肥無農薬の米作りを行い、古里を見つめ直すきっかけを得たと報告。同市立田尻中は本格ビオトープづくりで生き物への視野が広がったと締めくくった。【小原博人】

タグ