生物多様性農業支援センター スタッフブログでタグ「牛の鈴音」が付けられているもの

映画 牛の鈴音

|

牛の鈴音

牛の鈴音
(C)2008 STUDIO NURIMBO
農家を営む79歳のチェ爺さんには、長年一緒に働いてきた耕作用の牛がいる。牛の寿命は15年というのに、この牛は40年も生きている。しかし最近はそれも限界。獣医は「そろそろ寿命だ」とチェ爺さんに告げる。チェ爺さんはお婆さんと二人暮らしだが、農作業を休む事はない。苦労は絶えず、お婆さんのグチも尽きない。「牛を売って隠居したら」と子供たちは言うがお爺さんは答えない。お爺さんは、このままの生活が一番なのだ。

春

79歳になる農夫のチェ爺さんには30年もともに働いてきた牛がいる。
牛の寿命は15年ほどなのに、この牛は40年も生きている。
今では誰もが耕作機械を使うのに、頑固なお爺さんは牛と働きつづける。
牛が食べる草が毒になるからと畑に農薬をまくこともしない。
そんなお爺さんに長年連れ添ってきたお婆さんは不平不満がつきない。
しかしある日かかりつけの獣医がこの牛はそろそろ寿命だ。
今年の冬は越せないだろうと告げる。

その冬

チェ爺さんは牛市場で新しい雌牛を買った。
年寄りに2頭の牛の世話は無理だ。
お婆さんは老いぼれ牛を売れと言う。
死ぬまで面倒みるさ お爺さんは答える。
こいつは動物だがわしには人間よりも大切だ。

新しい春

若い牛が雌の仔牛を産んだ。お婆さんはがっかり。
雌の仔牛はお金にならない。
お爺さんは相変わらず黙々と牛のために夜明けからエサをつくる。

夏

お爺さんは頭が痛いと時折つぶやくようになった。
働くのを控えなさいと医師はお爺さんに忠告する。
医師の忠告にもかかわらずお爺さんは働きつづける。
休むのは死んでからだ。

秋

鎌で刈るのは老いた夫婦には大変な苦労だ。
近所の人がトラクターで稲刈りの手伝いに来てくれた。
機械でやると米がいくらか無駄になるとお爺さんは言い張るが
どこか寂しそうだ。
お婆さんは子供達に米を送る。
米を作れるのも今年が最後だろう。

そして、最後の冬

当たり前の事が当たり前でなくなっている現在・・・

皆さんはこの映画をご覧になりましたか?

是非、鑑賞してください。BASCからのお勧め映画です。

 


 

タグ