生物多様性農業支援センター スタッフブログでタグ「鹿児島生きもの調査」が付けられているもの

今日は、鹿児島県姶良町(あいら)で田んぼの生きもの調査です。

しかし、昨日から大雨今も雨。

9時30分から受付でしたが、皆さん参加してくださいました。

予定を変更して、午前中は田んぼの生きもの調査の話です。プロジェクターを使い説明をしました。

豊岡市のコウノトリ、佐渡のトキ、生きものと共存する話を原理事長。

田んぼの中のにはどんな生きものがいるのか、そしてどんな役割をしているのかを、林鷹央インストラ

クターが話してくれました。

ちょっぴり長い時間でしたが、子供たち良く話を聞いてくれました。

午前中晴れ間があったのですが、午後からまた雨。

少し雨がやんできたので、レインコートを着て田んぼに行きました。

チビゲンゴロウ、ぼうふら、ミジンコ、ジャンボタニシ、カニ、ユスリカ、ヌマカエル、おたまじゃくし、薄羽

黄とんぼ、タモロコ、など、雨の中でしたが全部で36個の生きものが見つけられました。

3回調査に来てくださる親子の方が、「雨の中の調査も楽しかった、生きものは雨の中でも活動し

ているし、トンボが稲の間で雨宿りしている姿を見られて良かった。」と、話をして下さいました。

来年の鹿児島生きもの調査が、また楽しみになりました。

 

鹿児島.JPG 鹿児島2.JPG 鹿児島4.JPG 鹿児島5.JPG 

 

タグ