生物多様性農業支援センター スタッフブログでタグ「生きもの語り」が付けられているもの

TPP参加問題を生きもの語りで解決する」

 

最近の新聞紙上によく登場するのがTPP参加問題です。正式な名称は環太平洋戦略的経済連携協定で、日本が参加した場合の国内農業が受ける打撃と参加しない場合の経済界の損失が議論の中心となっています。議論の中には農村の多面的機能損失の試算や経済成長による税収増で農業の所得補償は賄えないという議論もあります。

これらの議論の展開や農業団体や国会議員の動きを見ていると1993年のガットウルグァイラウンド交渉と酷似していることに気が付きます。「米を一粒たりとも入れない」というムシロ旗を立てて交渉した結果はどうなったのかを思い出してください。関税化の対価としてミニマムアクセス米の受け入れを選択しましたが、その選択には米価下落というシナリオは無かったのです。しかし下がらないはずの米価が当時の24000円から今年は12000円に半減しています。食用に回さないはずのミニマムアクセス米は40万トンから80万トンに倍増しています。その結果、稲作農家の後継者は育たず、減反政策の先行きも見えません。戸別所得補償に展望を見出そうにも米価下落の後押しをしている始末なのです。

このような結末を17年前に予測をした人が日本にいましたか。日本にはいませんでしたが、EUと韓国にはいたのです。EUは価格政策から直接支払政策に大転換をし、農産物価格が半減しても農業経営は直接支払によって賄われています。韓国も1997年に大転換をした結果、FTA締結を積極的に展開し、日本の経済界が遅れをとる形になりました。この17年間に大きな歴史的転換が起きたにも係わらず、日本での今回のTPP参加議論は17年前と同じ構図で行われています。農業団体は17年前と同じく反対を唱えるだけで経済界や国民を巻き込んだ議論展開をしようとしていません。経済界は口では生物多様性と言いながら、多様性に一番影響を与えている農業という産業に対する提案をしようとしていません。国会議員は反対グループを結成するものの長期的戦略を描こうとしていません。17年前と同じく大多数の国民は正しい情報を与えられないままに議論の外に置かれているのです。

今、将に名古屋では生物多様性の重要な国際会議が開催され、地球と人類の運命が決められようとしています。誰もが現在の価値観と経済システムに不安を抱いていますが、誰も国の利益を超えたところで決着を図ろうとしていません。今回のTPP参加の議論も農業問題であるとともに生物多様性の問題であるにも係わらず産業界の対立の構図から抜けきれていないのです。これでいいのでしょうか。

TPP参加によって日本の耕作放棄水田が100haになり、5668種の田んぼの生きものたちが棲家を失ってしまうという試算や仮説のなかで国民的議論をしてみたらどうでしょうか。TPPに参加しても日本の水田や農地が保全される方策は何か。その財源はどのように確保できるのか。TPP参加によって活性化するであろう経済界からどのような支援が可能なのか。国民は安い輸入農産物と自分の周辺の命を育んでいる国産農産物を価格だけで比較するのか。このようなポジティブな議論の中から何をすれば農業と経済と生きものがウィン・ウィンの関係になれるのかが見えてきます。そこで皆さんに提案があります。

生きもの調査活動に参加された方は田んぼがお米の生産だけでなく様々な命を育んでいることを知っています。そのことをもっと多くの人に伝えて欲しいのです。それには「TPP参加反対」のムシロ旗ではなく「生きもの語り」のムシロ旗を立てたらどうでしょうか。生きもの語りは文章だけではなく俳句、詩、川柳を書いても構いません。文章が苦手な人は写真やビデオでもOKです。子どもたちは絵が生きもの語りになります。生産者でもない、消費者でもない、皆が「田んぼ市民」になって「生きもの語り」を伝えることがTPP参加問題の国民的解決の糸口になるのです。

田んぼ市民番号 0000000001

タグ