生物多様性農業支援センター スタッフブログでタグ「生物多様性」が付けられているもの

COP10支援実行委員会が主催する「国際生物多様性年オープニング記念行事」が1/16に名古屋で開催されるようです。


http://www.cop10.jp/aichi-nagoya/information/information.html#info7


******************************
国際生物多様性年オープニング記念行事を実施します

 2010年は国連が定める国際生物多様性年です。COP10支援実行委員会では、この幕開けを記念するとともに、同年10月のCOP10に向けた開催機運を盛り上げるため、国際生物多様性年オープニング記念行事を実施します。

 ? 開催日時・場所

日時:平成22年1月16日(土) 午後1時?午後4時30分
場所:名鉄ホール
    (名古屋市中村区名駅1?2?1 名鉄百貨店本店本館10階)

 ? 主催等

主催:生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会
共催:朝日新聞社
特別協力:名古屋鉄道・名鉄百貨店
協力:全日本写真連盟中部本部
協賛:アサヒビール株式会社

 ? 内容

(1)オープニングセレモニー
(2)国際生物多様性年オープニング記念「絵画・写真コンテスト」表彰式
(3)基調講演 「自然との共生」
 講演者:C.W.ニコル 氏 (作家、C.W.ニコル・アファンの森財団理事長)
(4)トークセッション 「暮らしと生物多様性」(仮題)
 パネリスト:C.W.ニコル 氏 (作家、C.W.ニコル・アファンの森財団理事長)
         谷口たにぐち 義則よしのり 氏 (名城大学理工学部環境創造学科准教授)
         水野みずの 裕子ゆうこ 氏 (タレント)
 コーディネーター:六郷ろくごう 孝也たかや 氏 (朝日新聞名古屋本社記者)

 ? 申込方法

 氏名、郵便番号、住所、電話番号、所属団体・会社名、参加希望人数(4名まで可)を明記の上、「7 申込先・問合先」のあて先まで、ハガキ、FAX、または電子メールでお申し込みください。
 なお、お申込みには「国際生物多様性年オープニング記念行事 参加希望」と明記してください。
 参加決定者にのみ参加証を郵送します。

 ? 定員

 700名(先着順)

 ? 申込締切

 1月8日(金)必着

 ? 申込先・問合先

国際生物多様性年オープニング記念行事事務局
 住所:〒460-8488 (住所不要)朝日新聞名古屋本社広告部内
 電子メール:nadv@asahi.com
 FAX:052-231-7106
 電話番号:052-221-0366 (受付時間:平日の午前10時から午後5時まで)

COP10開催記念自然観察会?冬の観察会?を開催します
 COP10支援実行委員会では、より多くの県民・市民の皆様に身近な自然や生き物に触れていただき、また、COP10開催に向けた機運を盛り上げるため、各開催団体等の協力を得て「COP10開催記念自然観察会 ?冬の観察会?」を開催します。
 チラシはこちら(PDF形式(3.00MB) ※別ウインドウで開きます。)

 ? 内容

生物多様性をテーマとした自然観察会の開催団体を募集し、「COP10開催記念自然観察会」として開催します。(自然観察会の開催団体の募集についてはこちら)
今回の冬の観察会では、冬の観察会一覧(xls形式(38.0KB) ※別ウインドウで開きます。) に掲載する観察会が開催されます。

 ? 主催

生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会
各自然観察会の開催団体
(協力:愛知県自然観察指導員連絡協議会、あいち自然環境団体・施設連絡協議会)

 ? 開催期間

平成21年12月?平成22年2月

 ? 参加方法

申込みの要否、開始時間、参加費の有無などの詳細については、各自然観察会の連絡先までお問い合わせください。

 ? その他

今後、春の観察会(平成22年3月?5月)、夏の観察会(同年6月?8月)を順次開催する予定です。

 

生物多様性版スターンレビュー 政策立案者向けの報告書を公表

下記をクリックしてください。
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&word=&category=&oversea=1&serial=22164

タグ