>
NPO法人生物多様性農業支援センター
CSR活動を行っている先進的な会社に、自分は務めている。
有機商品しか取り扱っていないお店から、自分は野菜を購入している。

一見、どちらも環境を意識した素晴らしいことのように見えますが、
自分が現場で「直接」関わっていないため、実感と充実感が不足しています。

現地の農家と自分が直接関われる活動がここにはあります。
NPO法人生物多様性農業支援センター
今、消費者の大きな感心事して、エコ、環境保全などがあります。
環境にやさしい車が売れ、環境活動に積極的に募金をするというように消費者の行動は変わってきています。

そして今年2010年には「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)が開催されることが決まり、曖昧な概念であるエコ・環境保全の行動として「生物多様性」を守る活動がクローズアップされています。

今、環境に興味がある人たちは、自分の生活に今まで以上の「価値」を求めています。