> >
NPO法人生物多様性農業支援センター
神奈川県伊勢原市ユーコープ神奈川の”生きもの語り”
平成23年7月16日
NPO法人生物多様性農業支援センター


  氏 名

        川 柳 な ど

 A・Aさん(男性)

・大量でも ショウリョウバッタというのかな

・田んぼはね 人間(会社)社会の 縮図かな

・用水路 田んぼを支える 大動脈

・おこり虫 田んぼの中では 笑い虫

 A・Yさん(女性)

・虫とりに しぶしぶ付き合う 父夢中

・平泳ぎ カエルに学ぶ 娘かな

・真夏日に 田んぼのドロの 気持ちよさ

 Sさん(男性)

・暑い夏 田んぼに飛び込み 節電だ!

・虫ぎらい 娘は今日で 卒業だ!

・二日酔い 田んぼに入って 中和する

 S・Yさん(女性)

・暑い夏 田んぼに入るや 泥沼はまり

・親子で冷や汗脂汗 いそがしや

・いつの間に 生きもの探しに 無我夢中

・田んぼの中 足どり軽やか いやされる

 S・Tさん(男性)

・田を渡る 風のウェーブ 次々と

・追い込んで すくった網は ドロ一杯

・人の声 蛙飛び込み 一斉に

 S・Mさん(女性)

・何気なく 田にみる草にも 由来あり

 Tさん(男性)

・ドジョウ住む 土壌汚染のない田んぼ

・米一杯 自然の恵み 多様性

 T・Mさん(女性)

・とんできた カエルに足が 指すくむ

・青々と 陽(ひ)を喜ぶよ 植えた稲

 Nさん(男性)

・田の草や 野の草に 道草か?

 N・Tさん(男性)、

 N・Sさん(女性)

・蛙捕り 私もかえる 童心に

・タイコウチ なんで田んぼに いなかった

・長男の カエル泳ぎと本物の泳ぎを比べ ただ感心する

 N・Mさん(男性)

・日本の田 環境支える えんの下

・なつかしい どろの感触 おもい出す

・コガムシは そうかんたんには つかまらず

・田んぼでは ポカリスウェット めちゃうまい

 Fさん

・おにぎりの ありがたみ知る 田植えかな

・田に入り 足に感じる あたたかさ

 W・Kさん(女性)

・たくさんの 生きものがいたが 気が付かず

・説明を 受けて初めて 田んぼ知る

・田んぼ来て ご飯残すなと 子に説教

・虫たちに 電力不足 関係ない

 W・Yさん(男性)

・初めての 田んぼ体験 見てるだけ

・あまがえる カワイイと言いつつ さわれない

・生きものの 恩恵を受け 米できる

・調査して 知った生きもの 大切に

 無記名

・雨がえる 思ったよりも コンパクト

・アメンボの 素早い動き もうできない

・放射能 生きもの全てに おわびして

 無記名

・ゲンゴロウ だと思ったら ガムシかな

・かえるさん にげないでいて ぼくの手から

 無記名

・子どもより 必死に虫を 探すパパ

・ゆっくりと 田んぼの感触 確かめる

 無記名

・あまがえる メダカコガムシ ゆたかなたんぼ

・田んぼがあり 生きものがあり ヒトもいる

 無記名

・水田は 米も虫も育てる お母さん

 無記名

・害虫も今日は主役の生きもの調査

 T・Hさん(男性)

・もうちょっと でも猛暑だから 戻ろうか

・ママ待って ドロドロ足が くすぐったい

・昼メロの ドロドロよりも田のドロドロ(田んぼに目覚めた有閑マダム)

・猛暑でも 田んぼの風は 涼しいな


更新日:2014年10月31日