> >
NPO法人生物多様性農業支援センター
田んぼは地球を救う
2010年1月11日(月)
NPO法人生物多様性農業支援センター

2010年1月11日徳島県小松島市にて「田んぼは地球を救う-生物多様性と有機農業とミミズ-」が開催されます。

「田んぼは日本を救う!」
生物多様性と有機農業とミミズ
?生物多様性条約COP10に向けてのシンポジウム?

■概 要
徳島有機農業推進協議会では、地元の有機物資源を利用した
農業技術の確立をテーマに地域有機農業推進事業を進めてまいりました。
地元徳島は日本一の生産量を誇る菌床シイタケの産地で、
その廃棄物である廃菌床をどうにか肥料として農業に活用できないかを
研究しておりましたところ、地元企業で日本一のミミズ養殖場を経営する
株式会社豊徳において廃菌床をミミズに食べさせて土化することが
できることが分かり、さらに、ジャパンバイオファームの小祝政明氏、
NPO生物多様性農業センターの原耕造氏などの技術的なご指導を賜り、
有機農業の現場でより使いやすい形を目指し研究開発を続けてきました。

徳島有機農業推進協議会はこれらの研究の成果発表を兼ねて、
地域有機農業推進事業のひとつとして下記の講演会を開催します。

■開催日:1月11日(月・祝日)
■場 所:
(1)10:00?11:30
第1会場 日本製紙内 株式会社 豊徳
    (徳島県小松島市豊浦町1) 
日本最大のミミズ養殖場の見学
(ミミズふん土の農業への利用方法について)

(2)13:00?17:00
第2会場 小松島市総合福祉センター 大ホール
    (徳島県小松島市横須町11-7)
■講演1「生物多様性農業と民間直接支払」 
 原耕造(NPO法人 生物多様性農業支援センター)
■講演2「有機稲作の実」
 稲葉光國(NPO法 人民間稲作研究所)
■講演3「田んぼとイトミミズ」
 岩渕茂紀(NPO法人田んぼ)
■講演4「有機農業とミミズ培土」
 小祝政明(ジャパンバイオファーム)
■講演 農林水産省関係者
生物多様性と農業(予定)

■詳細資料
PDFを表示
NPO法人生物多様性農業支援センター

■お問い合わせ
BASCお問い合わせフォームよりご連絡下さい

更新日:2014年10月31日