> >
NPO法人生物多様性農業支援センター
平成23年度 田んぼの生きもの調査申込方法
平成23年度 4月から
NPO法人生物多様性農業支援センター
平成23年度 田んぼの生きもの調査・講演 申込方法

田んぼの生きもの調査活動にご理解、ご協力いただきありがとうございます。今回の東日本大震災の被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、今年の生きもの調査の年間計画を立てる時期となりました。生きもの調査の活動は、年々、全国各地へと広がっております。また、調査する時期が6月から7月の期間に集中してしまいます。そこで、各地で予定している生きもの調査の日程や内容を把握し、講師やインストラクターのスケジュールを事前に調整するため、年間活動計画書の提出をお願い致します。

 

BASCが取り組んでいる「田んぼの生きもの調査」は、田んぼ市民(田んぼグループを含む)による、地域に根ざした継続して行なう活動として、支援・協力をしていきます。また特に今年は、3月の大震災の復興の一助となるよう「生きもの調査」を通じて、被害地の現状を把握し、風評被害の抑制に努めたいと考えております。これらの視点で、産地側の窓口(担当者)とBASC・事務局の持つ情報を共有化し、生きもの調査をスムーズに実施できるよう、また、初めて生きもの調査を実施する場合でもわかるように、調査の準備から実施までの流れをチェックシートにより整理してあります。詳細は、別冊の調査マニュアル(作成中)をご覧ください。

 

「田んぼの生きもの調査」により生じる費用は、「生きもの調査に係わる価格見積もり表」をもとに、予算立てをお願い致します。また、BASC主催のアシスタント講習会やメッセンジャー講習会も実施しています。要望に応じて、各地域の団体主催による講習会や勉強会も実施しています。このような講習会や勉強会を通じて、地域の中で生きもの調査を指導する人材を増やし、各団体が企画・計画・実践する生きもの調査の産地を増やしていきたいと思っています。


また、産地独自で生きもの調査を実施しているところにおいても、生きもの調査の活動をBASCのホームページなどに紹介いたしますので、計画書の提出をお願い致します。

申し込み用紙が、BASC事務所に用意してあります。

問い合わせしていただければ、申込用紙を送ります。連絡お待ちしております。

東京都町田市相原町4771 

電話042−711−7015 FAX042−711−7016

メール tambo@basc.jp




 

更新日:2014年10月31日