今年も終わりになりました。

先程、事務所では玄米が届き販売を始めています。

9日に小松島市生物多様性農業推進協議会から講演依頼がありましたので、原理事長行きました。

昨年とは違い、若い方々、消費者の方が参加していました。

出席者数 50名

質疑応答で、「この話は、生産者だけではなく一般の方々にして頂きたい」と、女性の方からの意見を頂きました。

天気にも恵まれ、参加者も多かったです。

小松島市の皆さんの活動が、ますます盛り上がる事を応援致します。

朝、雪交じりの雨でした。今は、曇ったり晴れたり。

先週、BASC会員継続のお知らせを、会員の方に郵送しました。

お手元に届かない方は、事務局まで連絡お願いします。

皆様のお陰で、今日までBASCは活動をさせて頂いております。

有難う御座います。
明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

早速、人参堀りの手伝いをして来ました。

s-20170114_133443.jpg

本日より、フェイスブック再開いたしました。

少しの記事ですが、ご覧下さい。
今日は、小松島市ふれあいセンターで講演会でした。

タイトルは、「なぜ田んぼの生きもの調査は大切なのか?」の内容です。

市役所、農協、生産者、消費者の方々が、参加しました。

寒い1日でしたが、小松島市の熱さが伝わってきました。

今回、岡山県から仲間が来てくれました。(嬉)
徳島県小松島市に到着。

これから、今年の田んぼの生きもの調査反省会を、小松市役所会議室で始まります。

主催は、小松島市生物多様性農業推進協議会です。
今日は、太陽が出ていたので暖かく感じました。

事務所前のイチョウの枯葉が、舞っていました。

冬の冷たい風がふいています。
本日は、雨。

昨日、日野市で開催された「まちづくり市民フェア2016」は、1,500人の来場者数で、盛況に終りました。

来年も、参加します。

今回も、旭市の大松農場のたまご、銚子市の石井丸のサンマも完売でした。

新米も30キロ以上売れました。

日野市の生物多様性に対する認知度を、高く感じました。

生きもの調査をしたお米で炊き出しをして、参加者と一緒に、ごはんを食べました。

天気も良かったので、来場者も多く、子ども達も沢山参加していました。

明後日、「まちずくり市民フェア2016」に参加する為、準備中。


今日は、千葉県旭市で秋の生きもの調査です。

こちらは、お留守番チームで、昨日の続きで、畑の苗植えです。

苗.JPGキャベツと、白菜と、芽キャベツです。ブロッコリー?だったかな?

野菜が出来るのが楽しみです。

今日は、ゲジゲジやダンゴムシ、ヨウチュウが居ました。