2008年8月アーカイブ

大雨です。

「だいじょうぶっすか?」と1本の連絡が入りました。

京王線が北野駅(高尾駅手前の駅)で土砂崩れの為、高尾まで不通。

中央線も八王子から高尾不通。

事務所にいけません。

自宅待機、大塚事務所勤務、理事長は自家用車で出勤。

最近、変な天気です。

生きもの調査部隊から、「そろそろ生物多様性の力を借りるようになるのかな?」とメッセージを

もらいました。

今日は、神谷町で「道21世紀新聞」の会に出席します。

20人前後の集まりですが、道の駅に置かれている新聞を制作しているNPO団体との交流会です。

国土交通省の方などが携わっています。

新聞の掲載依頼がありましたので、880箇所あります道の駅に関係しているJAや物産などを、紹介

して行きたいと思っています。

今日は、短い講演依頼がありましたので、参加してくださる方に「21世紀の日本の経済戦略」の話を

していきます。

 

アグリフード2.JPG アグリフード3.JPG アグリフード2.JPGアグリフード行きました。活気があり、産地の暖かさが伝わって気ました。

無農薬と言う言葉がかなり、看板、のれんに掲げられていました。

生物多様性の時代が、到来してきた様です。

昨年よりも出店数が多かったそうです。

 

雨降りますね。

夕方、ライターの佐々木明美さんが来てくれました。

彼女は、アケゾーさんとも呼ばれている、カッコイイ女性です。

カメラマンの野瀬さんの紹介で会いました。

作品も沢山有り、飛行機の機内誌も手がけたり、現場に行って取材をしたりとパワフルな方です。

目黒で食器も販売しています。手作りです。

http://mikoto.cc

「この茶碗1杯の中に沢山の命が入っている」と彼女は語ってくれました。

偶然の出会いでしたが、彼女が作っている作品に心がこもっている事が伝わりました。

週の始まりで、打合せをしました。

1週間の行動予定、HP、理事会案内、ラムサール展示会、等。連絡事項も沢山ありました。

午前中は、打合せで終わり。

午後は、会計士と作業。 映画委員会が全農でするので理事長は東京へ。

 

何気に、携帯サイトで「生物多様性農業支援センター」を検索してみたら、3件出てきました。

実に分かりやすく説明が掲載してあったので驚きました。

短い文章で、このようにまとめてしまうなんて凄い!と思いました。

ブログと言えば、おきたま産直センターのブログ。なかなかの充実度有り。

最近、ゆきちゃんと言う猫が登場しています。ねずみ対策のためにいるようですが、家族の様に可愛

いがっている様子が伺われます。

 

大潟村、田んぼの生きもの調査の1員の高橋浩人さんが村長選で当選しました!

今年の生きもの調査にも率先して参加していました。

おめでとう御座います。

大潟村の今後の活動が楽しみです。

今日は、鹿児島県姶良町(あいら)で田んぼの生きもの調査です。

しかし、昨日から大雨今も雨。

9時30分から受付でしたが、皆さん参加してくださいました。

予定を変更して、午前中は田んぼの生きもの調査の話です。プロジェクターを使い説明をしました。

豊岡市のコウノトリ、佐渡のトキ、生きものと共存する話を原理事長。

田んぼの中のにはどんな生きものがいるのか、そしてどんな役割をしているのかを、林鷹央インストラ

クターが話してくれました。

ちょっぴり長い時間でしたが、子供たち良く話を聞いてくれました。

午前中晴れ間があったのですが、午後からまた雨。

少し雨がやんできたので、レインコートを着て田んぼに行きました。

チビゲンゴロウ、ぼうふら、ミジンコ、ジャンボタニシ、カニ、ユスリカ、ヌマカエル、おたまじゃくし、薄羽

黄とんぼ、タモロコ、など、雨の中でしたが全部で36個の生きものが見つけられました。

3回調査に来てくださる親子の方が、「雨の中の調査も楽しかった、生きものは雨の中でも活動し

ているし、トンボが稲の間で雨宿りしている姿を見られて良かった。」と、話をして下さいました。

来年の鹿児島生きもの調査が、また楽しみになりました。

 

鹿児島.JPG 鹿児島2.JPG 鹿児島4.JPG 鹿児島5.JPG 

 

昨日のインストラクター会議は、よき時間でした。

仕事をする立場、企画をする立場、依頼する立場、依頼受ける立場の所からの見方、考え方。

今後の方向性が少しずつですが、皆が動きやすいように、お互いの立場になって仕事が出来るよう

に事務局側が考えていかなくてはならないエッセンスをもらいました。

いつも話がゆっくり出来ないインストラクター達が、ざっくばらんに少しずつ話が出来たように感じまし

た。

また、生き物調査を食育、営農、子ども、大人、生産者、と、わけて考えて調査内容を作成したり、生

産者が参加した生きもの調査をしていく事の重要性などが発言されました。

朝食をして解散でした。

インストラクターの皆が集まった事で、高尾事務所が生きもの調査の本拠地に染まりつつという感じ

がしました。

さてこれから、鹿児島に移動です。

明日は、鹿児島県姶良町で田んぼの生きもの調査です。

鹿児島は、雨と聞いています。

 

今日は、インストラクター会議です。

今年、田んぼの生きもの調査で活躍してくださったインストラクター、インストラクター補助の方々と

反省と今後の生きもの調査の活動についての話し合いをします。

参加できない方は、報告書を提出して頂きました。

今回は、コガムシの会今野さん、おきたま産直センターの目黒さん、高知ブロックの谷川さん、タム研遠藤さ

ん。そして事務局です。

忙しい中、参加して頂き感謝です。

 

農と生きものメッセンジャー養成講座のお知らせです。

農業ってなに?田んぼってなんだろ?牧場ってどんなところ?生きもの達ってどんな

生活しているの?と言う質問にお答えして企画を作ってみました。

今回は、初めて体験です。1、田んぼに入るぞ!、2、牧場で遊ぶぞ!3、牧場でバーベキュー

と牛乳の飲み比べと新鮮ヨーグルト試食。

田んぼだけではなく、牧場の生活も覗いてみましょう。(^^)

1泊2日の設定ですが、お近くの方は日帰り通いコースもあります。

ご参加お待ちしております。

日時:9月20日(土)13時から21日(日)15時まで

場所:NPO生物多様性農業支援センター JA全国教育センター教室 宿泊施設有

第1日目 講演:講師 原耕造、宇根豊、磯沼正憲、水野葉子、林鷹央、

      夜 交流会

第2日目 磯沼さんの田んぼ、磯沼牧場で調査、体験!

      ランチは、参加者全員でバーベキュー!

      お昼が終わったらセンターに戻って、調査のまとめと修了書の交付

予定人数: 20名から30名 

費用: 1泊2日 15,000円 交流会、食事、受講料、宿泊代込み

日帰り: 10,000円 

参加希望の方は、tambo@wehab.jp まで連絡を下さい。

もしくは、042ー711ー7105にお電話下さい。 マークs.jpg

 

 

 

 

kounotori.jpg

佐渡の斎藤さんからのお知らせです。

やっと佐渡島のコウノトリの特定ができました. 
今日,珠洲市の加藤校長先生から能登個体の特徴のわかる写真が送られてきました(添付写真).5月,6月の写真では,同一とは考えにくかったのですが,最近の写真では以下のように一致点があります.
右側面の一致点
 A:能登個体は陰影の関係で薄くなっているものの,右の鼻孔が筋状に見える. 
   B:白い羽毛が2枚ある(ここも個体差の出るところです).
 C:風切り羽の同じ位置に1枚の白い羽毛がある.
 D:同じ位置に違う色の境界がある.
  また,左側面でもいくつかの共通点がありますので,佐渡島個体は,能登半島から飛来したとほぼ断定できます.かつ,この個体は,4月25日,26日に福岡県今津湾で記録された個体とも同じ可能性がでてきました.嘴の形状と右側の筋のでる鼻孔がよく似ています.これで,長い空白期間がなくなりました.

一体どこからきたコウノトリなのだろうかと悩んでいた斎藤さんと生きもの調査の仲間達です。

 

今日は、日韓交流会でお世話になったカメラマンの野瀬さんが高尾に来てくださいました。

撮影した写真を持ってきてくれました。

今はDVDに入れて気軽に収納と言った感じで、パソコンを覗くと、とても綺麗に撮影していました。

特に、参加している皆さんの表情が伝わってくる1枚1枚です。

次回公表いたします。

笑顔大賞を作っても良いくらいです。

 

世の中はお盆ですが、出勤しています。

定例の打合せをしています。

週の予定、生きもの調査の反省等。

コウノトリは、元気に佐渡にいるそうです。

どうやら野生のコウノトリで、ロシアから来たのではないかと情報が入りました。

高尾は避暑地です。

8月7日(木)

|

佐渡でゆっくりしているコウノトリの写真です。

コウノトリ.jpg 写真家 斎藤真一郎 

コメント おはよう御座います。今コウノトリをみています。水張り田んぼをねぐらにしています。

このまま、佐渡に住み着いて欲しいです。

 

今朝の斎藤さん(朱鷺ALLSATR'Sリーダー)からの連絡です。

吉報(吉鳥)です。
4日の夕方から佐渡にコウノトリがやって来ました!
何十年ぶりのことなんでしょうが?
トキの放鳥を祝うかのように、また、コウノトリも
住めるか下見にきたのかもしれません。
非常に豊岡の匂いがする田んぼがあったのかもしれません。
いずれにせよ、佐渡の環境も良くなっているということです。
しかし、残念なのが餌が少ないのか5日の午前中には離島したようです。
特別天然記念物の両鳥が佐渡に揃い踏みすること自体が凄い!
いよいよ田んぼの力が発揮するときです。

今回は、6月上旬まで能登にいたことが判明しているコウノトリらしいとのこと。
トキの森公園の周辺や、新穂の西部沖水田に舞い降りた
ということです。今日の読売新聞には記事として掲載されるようです。
普及センターの職員が写真を撮ってあるそうです。


豊岡も慌てています。
佐渡にコウノトリとトキが一緒に住むことになったらマズイ!
今度佐渡に行ったらトキを連れて帰かえらなければならない。
なんて言っていました。

読売新聞を取っていない方、下記のアドレスをクリック
特別天然記念物のトキとコウノトリが佐渡に 今年は佐渡に吉報がもたらされる?
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20080805-OYT8T00688.htm

 

8月5日(火)

|

佐渡にコウノトリが、2羽舞い降りました。

場所は、北方。

斎藤真一郎さん、JA佐渡中川さんからの情報です。

まさに朱鷺放鳥、前祝ですね!\(^_^)/

 

今日は、JA芳賀野で生きもの調査です。原理事長、林鷹央さんが行っております。

しかし高尾は、ものすごい雨と雷です。

中央線は止まっています。

糸蚯蚓神社

|

田んぼの生きもの調査の帰りに、JAあきた北央営農部インストラクターは、田んぼの神様

糸蚯蚓神社を訪れました。

    p.JPG

a.JPG

s.JPG

8月2日(土)

|

晴天に恵まれました。

JAささかみ広場に集まり開会式です。

韓国チームも遅く到着しましたが、元気一杯です。

地元生産者の方も多く160名近くの参加でした。

圃場は、石塚美津夫さんの田んぼを5枚お借りして、5班に分けて調査をしました。

w.JPG

o.JPG

u.JPG r.JPG

y.JPG

t.JPG

8/2-3 日韓田んぼの生きもの調査交流(JAささかみ)

※記事はこちら  第3回日韓田んぼの生きもの調査交流会速報1.pdf

8月1日(金)

|

10時40分、豊栄駅に到着。

いよいよ、日韓田んぼの生きもの調査交流会が始まります。

今日インストラクターは、田んぼに行き事前調査。ほかの仲間は会場設営、資料作り、等等。

JAささかみの方が、何かと準備をして下さったので頭が下がります。

夕方、参加者が各旅館に入ります。

出来上がった資料を、各旅館に配布。そして、受付。

17時、インストラクター補助のJAあきた北央、営農部の3人。山形おきたま産直センター2人。大潟村

コガムシの会1人。応援に来てくれました。有難う御座います!

明日は8時JAささかみで、開会式です。

晴れるといいな!