2010年3月アーカイブ

2010年田んぼの生きもの調査の申し込み用紙と料金表が出来ました。

HPにはこれから、掲載いたします。

早めに、ブログで紹介します。

今年から、申し込み用紙に記入してもらい受付をする事になりました。

以前と違う部分もありますが、田んぼの生きもの調査を向上する事で、自然を守っていく事を重視い

たしました。

印刷できるようなっています。

ご覧下さい。

2010年度申し込書.pdf

統一調査.pdf

 

 

高尾は雪がまざった、雨です。 みぞれです。

暖かくなったり、急に冷えたりして体調をおかしくする方はいませんか?

理事長は、奄美大島に行っています。

原生林マングローブの写真を送ってくれました。

amamiooshima.JPG

佐渡の新しい生きもの調査パンフが出来ましたので掲載します。

生きもの調査方法.pdf

斉藤真一郎さんより。

映画 牛の鈴音

|

牛の鈴音

牛の鈴音
(C)2008 STUDIO NURIMBO
農家を営む79歳のチェ爺さんには、長年一緒に働いてきた耕作用の牛がいる。牛の寿命は15年というのに、この牛は40年も生きている。しかし最近はそれも限界。獣医は「そろそろ寿命だ」とチェ爺さんに告げる。チェ爺さんはお婆さんと二人暮らしだが、農作業を休む事はない。苦労は絶えず、お婆さんのグチも尽きない。「牛を売って隠居したら」と子供たちは言うがお爺さんは答えない。お爺さんは、このままの生活が一番なのだ。

春

79歳になる農夫のチェ爺さんには30年もともに働いてきた牛がいる。
牛の寿命は15年ほどなのに、この牛は40年も生きている。
今では誰もが耕作機械を使うのに、頑固なお爺さんは牛と働きつづける。
牛が食べる草が毒になるからと畑に農薬をまくこともしない。
そんなお爺さんに長年連れ添ってきたお婆さんは不平不満がつきない。
しかしある日かかりつけの獣医がこの牛はそろそろ寿命だ。
今年の冬は越せないだろうと告げる。

その冬

チェ爺さんは牛市場で新しい雌牛を買った。
年寄りに2頭の牛の世話は無理だ。
お婆さんは老いぼれ牛を売れと言う。
死ぬまで面倒みるさ お爺さんは答える。
こいつは動物だがわしには人間よりも大切だ。

新しい春

若い牛が雌の仔牛を産んだ。お婆さんはがっかり。
雌の仔牛はお金にならない。
お爺さんは相変わらず黙々と牛のために夜明けからエサをつくる。

夏

お爺さんは頭が痛いと時折つぶやくようになった。
働くのを控えなさいと医師はお爺さんに忠告する。
医師の忠告にもかかわらずお爺さんは働きつづける。
休むのは死んでからだ。

秋

鎌で刈るのは老いた夫婦には大変な苦労だ。
近所の人がトラクターで稲刈りの手伝いに来てくれた。
機械でやると米がいくらか無駄になるとお爺さんは言い張るが
どこか寂しそうだ。
お婆さんは子供達に米を送る。
米を作れるのも今年が最後だろう。

そして、最後の冬

当たり前の事が当たり前でなくなっている現在・・・

皆さんはこの映画をご覧になりましたか?

是非、鑑賞してください。BASCからのお勧め映画です。

 


 

佐渡のトキ9羽死ぬ、1羽負傷 小動物が襲撃か 

 環境省は10日、佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)の野生復帰ステーションの順化ケージで、放鳥に向け訓練中だったトキ11羽のうち、9羽が死に1羽が負傷したと発表した。

 ケージ内の足跡や監視ビデオカメラの映像から、イタチなどの小動物が侵入したとみられる。順化訓練中に外敵に襲われたのは初めて。

 環境省は原因究明まで順化ケージでの訓練は中断。「万全の対策を取っていたが、穴を見つけて入った可能性がある」とし、どこから侵入したかを調べている。また秋の放鳥については「努力はするが、なかなか難しい」と延期も示唆した。

 環境省によると、9月に放鳥する予定で訓練していた11羽のうち10羽。9羽は雄2羽、雌7羽で1羽は捕食され、ほかは首などにかまれたあとがあった。負傷したのは雄1羽で回復は難しい状況という。2歳の雌1羽は無傷だった。

2010/03/10 22:07   【共同通信】

琵琶湖

|

オオワシ、琵琶湖の「悪者」退治?外来魚目当てに越冬か

2010年3月5日10時4分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真ブラックバスを捕らえたオオワシ=滋賀県長浜市湖北町、荒元忠彦写す

 国の天然記念物オオワシが琵琶湖の悪者の駆除に一役買っている。1992年以来、越冬のために毎年飛来が確認され、琵琶湖の在来種ニゴロブナなどの天敵ブラックバスが主なえさだ。南限の越冬地として定着したのはバスなどの外来種が増えたためではと、野鳥の専門家は話す。

 オオワシはロシア・カムチャツカ半島などに生息し、北海道や本州北部などで越冬する。翼を広げると2メートルを優に超え、黒褐色に白の羽と黄色い大きなくちばしが特徴だ。

 琵琶湖では92年1月、滋賀県長浜市の湖北野鳥センター近くで確認されたオオワシが12季連続で越冬し、一時は4羽訪れた。今冬も12季続けて来訪するメス1羽と、別の1羽を数キロ西で確認。今年1月の観察会には、その姿を一目見ようと京阪神や愛知県などから野鳥ファン約100人が詰めかけた。2羽は2月21日に北へ飛び立った。

 なぜ琵琶湖で越冬するのか。アジア猛禽類(もうきんるい)ネットワークの山崎亨会長は「ブラックバスというえさが豊富なことが一因」とみる。北海道で越冬するオオワシはスケトウダラ漁のおこぼれを狙っていたが、水揚げ量の減少で南下した個体が琵琶湖に飛来。滋賀県によると、琵琶湖のブラックバスは83年ごろから急増し、オオワシにとっては格好のえさだ。

 滋賀県は2002年度から、ニゴロブナやホンモロコなどの在来種を食べる外来魚の駆除事業を強化し、毎年400?500トンを捕獲。センターの清水幸男所長は「オオワシは、ブラックバスが減ったためか、最近は水鳥を捕る狩りを覚えたようです」と話す。(新井

3月8日(月)

|

コウノトリの里 よみがえれ ゆかりの鴻巣市 環境調査着手へ 

2010年3月7日

 鴻巣市は、市名の由来である国の特別天然記念物「コウノトリ」が空を舞う環境づくりへの取り組みをスタートさせる。新年度予算案に「こうのとりの里研究事業」として三十二万円を計上した。四年前から市民団体がコウノトリ復活に向けて活動している上、コウノトリなどを水辺によみがえらせる国のプロジェクトの対象地域に選定されたのを受け初めて予算化した。(柏崎智子)

 日本生態系協会によると、コウノトリが鴻巣市内にいたという明確な記録はないが、江戸時代までは関東地方でも普通に生息していたという。市内にはコウノトリが大蛇を退治した伝説が残る「鴻(こう)神社」もある。

 四年前、市民らが「こうのとりを育(はぐく)む会」を結成。先月、市にコウノトリ復活への取り組みを求める約一万七千人分の署名を提出した。

 また、国土交通省と農林水産省が昨年八月から関東の五地域でコウノトリやトキを野生復帰させるための調査事業を始め、その一つに鴻巣市を中心とした三市二町の荒川流域エリアが選定された。先月十五日に同市内で国交省や首長ら関係者が開いた会合で、国が実施した環境調査結果などから実現への可能性や課題などが報告された。

 関係者によると、五地域の中で特に積極的なのが千葉県野田市。もともと市と農家、NPOなどが、荒廃した約九十ヘクタールの谷状の谷津田を無農薬で復田するビオトープ化に取り組んでいた素地がある。

 これに対し鴻巣市の今回の予算額はわずかで、内容も「成育可能な環境について調べる」というもの。だが、育む会は「動きだしたことが大きい」と期待を寄せている。

 <コウノトリ> 体長1メートル、羽を広げると2メートルにもなる大型の水鳥。江戸時代まで全国に生息していたが、明治以降、乱獲や環境変化などで激減。1956年に特別天然記念物に指定され、71年に野生は絶滅。兵庫県豊岡市で人工飼育から野生復帰を目指す取り組みが行われ、2005年から試験放鳥している。

3月21日、22日で岩渕先生をお呼びして,田んぼの生きもの調査の学習会を行います。

生物徳島2.JPG

2月25日に当センター青年部が冬の生きもの調査を行いました。
調査データと調査の様子を送信いたします。

 

 

 

yukimizuchousa2.JPG

 

yukimizuchousa3.JPG

 

yukimizuchousa4.JPG

 

yukimizuchousa5.JPG

 

yukimizuchousa6.JPG

 

yukimizuchousa7.JPG

 

yukimizuchousa8.JPG

 

yukimizuchousa9.JPG

 

yukimizuchousa11.JPG

 

yukimizuchousa12.JPG

 

2010.02.25田んぼの生きもの調査データ.pdf

農事組合法人
山形おきたま産直センター
電話  0238?47?7338
FAX 0238?47?7318 
URL : http://www.okitama.net

----------------------------------------------------------------------
3月26日(金)13時30分から、東京千代田区の都道府県会館で、
魚のゆりかご水田プロジェクトのシンポジウムを開催します。

農業・農村が生物多様性に果たす役割や、農業振興と環境保全の両立につ
いて、『魚のゆりかご水田プロジェクト』の取り組みを通して、いっしょ
に考えてみませんか? 

----------------------------------------------------------------------
【全国知事会 先進政策大賞受賞記念シンポジウム
「魚のゆりかご水田プロジェクト
   創意あふれる魅力的な施策は魅力ある地域から」のご案内】

http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/gh01/20100303.html

日時:平成22年3月26日(金)13:00?(13:00受付開始)

場所:都道府県会館1F大会議室(東京都千代田区平河町 2-6-3)

内容:・はじめに「地球の小さな窓琵琶湖から」
     嘉田由紀子(滋賀県知事) 

   ・講演「農業農村における生物多様性保全の重要性」
     林 良博 氏(東京大学大学院教授)

   ・講演「地域発の創意あふれる魅力的な施策」
     岡田 秀二 氏(岩手大学農学部教授) 

   ・取組報告「魚のゆりかご水田プロジェクトの取り組み」
     岩? 真治 氏(野洲市魚のゆりかご水田協議会) 

   ・パネルディスカッション
     「地域主体の取り組みで人も生きものも賑やかに」
      コーディネーター 荘林 幹太郎 氏(学習院女子大学教授)
      パネリスト 林 良博 氏
            岡田 秀二 氏
            岩? 真治 氏
            嘉田由紀子
参加費:無料

主催:滋賀県   共催:全国知事会   後援:農林水産省、環境省

お問い合わせ:滋賀県農政水産部農村振興課
        TEL : 077-528-3963 
        E-mail : gh01@pref.shiga.lg.jp


申込方法など、詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/gh01/20100303.html

220326魚のゆりかごシンポチラシ.pdf

3月2日(火)

|
写真

コウノトリの野生復帰が紹介された生物多様性条約のHP。地図をクリックすると紹介ページへのリンクが示される

写真

中貝市長から説明を受けるジョグラフ事務局長=豊岡市城崎町

 豊岡市で進められているコウノトリの野生復帰事業が、生物多様性条約(CBD)事務局(カナダ・モントリオール)のホームページ(英文)で紹介されている(http://www.cbd.int/authorities/)。1日には同条約のアフメッド・ジョグラフ事務局長が同市内を視察し、豊岡の取り組みを高く評価した。

 今年10月に名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向け、豊岡市は野生復帰の取り組みのPRを強化している。CBDのホームページへの掲載は、昨年10月に神戸市内であった同条約関連の国際会議で中貝宗治市長とジョグラフ氏と面談したのがきっかけ。同氏から特徴的な取り組みとして紹介したいと働きかけがあって実現した。

 ホームページでは、世界8カ所の代表的事例の一つとして紹介されている。野生コウノトリ絶滅の経緯から説き起こし、エサ場となる田んぼや湿地づくりなど野生復帰に向けた取り組みなどをPDFファイル7ページで紹介。さらに太陽光発電パネルなど環境関連企業の集積による経済活性化を目指した環境経済戦略も同4ページ分掲載されている。

 市の求めに応じ、1日に豊岡市内を訪れたジョグラフ氏は、ハチゴロウの戸島湿地や県立コウノトリの郷公園などを視察。無農薬、減農薬のコウノトリ育む農法で米を作っている農家らとも懇談した。ジョグラフ氏は「環境と経済を両立させたモデルケースであり、コウノトリを中心に地域を再活性化させていることに非常に感銘を受けた。ぜひCOP10で取り組みを提示しほしい」と話した。

 

第1回生物の多様性を育む農業国際会議(ICEBA2010)

育苗・抑草・生きもの調査会開催のご案内

 

第1回生物の多様性を育む農業国際会議実行委員会

ICEBA2010現地実行委員会

 

皆様いかがお過ごしでしょうか。

  国際生物多様性年である2010年、これまでの活動の成果を踏まえ、?生物の多様性を育む農業技術の探求、?生物多様性農業と生きもの調査活動、?生物多様性農業を支えるむら・人・仕事をテーマに実践・共同し、活動してまいりたいと考えています。

  今回、生物多様性を育む水田農業の管理とはどのようなものか、それを支える生きもの調査活動や地域のあり方を考えるため、7月2日(金)?4日(日)に開催する生物の多様性を育む農業国際会議(ICEBA2010)に向けた第1回目の調査会を下記のとおり開催いたします。

  大変お忙しいとは存じますが、お誘いあわせの上、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

 

                記

1 日  時  平成22年3月20日(土) 13:30?16:30

2 場  所  コウノトリ育む農法実践ほ場(豊岡市祥雲寺地区内)

集合場所:豊岡市立コウノトリ文化館(兵庫県豊岡市祥雲 寺127)

3 内   容  13:00  受付

        13:30  趣旨説明・調査説明

        13:45  調査 環境創造型稲作の育苗について

                環境創造型稲作の抑草技術について

                生きもの調査について(土壌、イトミ  ミズ・ユスリカ、水生生物、

田面の雑草、水質調査を含む各種環境要因調査等)

        16:00  調査結果まとめ・次回調査に向けて

        16:30  終了

4 講   師    稲葉 光國 氏(NPO法人民間稲作研究所理事長)

        岩渕 成紀氏(NPO法人田んぼ理事長)

5 参 加 費  1,000円(当日受付にてお支払いください)  

6 申込期限  平成22年3月15日(月)

7 定  員  50人(定員になり次第、申込みを締め切ります)

8 そ の 他  (1) 今後のスケジュール

          平成22年4月27日(火)       

           第2回調査会(抑草・生きもの調査) 

          平成22年6月 5日(土)      

           第3回調査会(農法別生きもの調査)

          平成22年7月 2日(金)から4日(日) 国際会議(ICEBA2010)

(2) 参加申込・お問合せ先

   〒668-8666 兵庫県豊岡市中央町2-4(豊岡市役所農林水産課環境農業推進係内)

ICEBA2010現地実行委員会事務局

TEL:0796-23-1127  FAX:0796-24-7801

E-mail:nourin@city.toyooka.lg.jp

3月6日土曜日10:40に第18回 アースビジョン 地球環境映像祭で上映されます!

まだ、ご覧になっていない方は、この機会にどうぞ!

場所:四谷区民ホール(東京都新宿区内藤87番地四谷区民センター9階)

東京メトロ丸の内線:新宿御苑前駅 大木戸門方面2番出口 新宿通りを四谷方向へ徒歩約5分

参加費:1,000円

http://www.earth-vision.jp

http://greenz.jp/2010/02/25/eath_vision_2010/