2011年7月アーカイブ

今日は、おけさ柿の調査です。

初めての試みで、今回は皆でどんな風に調査をしたら良いか、考えてみようと言う調査になりました。

まず、おけさ柿の農園に行って、様子を見ます。

そして、昨日の草地と一緒に網を振りその中に、どんな生きものがいるかを調べます。

手探り状態でしたが、報告が来ました。

     調査地は、下草が比較的よく繁茂している柿農園を選定した。調査方法は、下草のスゥィーピング(草地の生き物調査に準じる)、柿の枝葉を軽くゆすりビーティングネットに昆虫を落下させる、という2つの手法をとった。参加者には前者のスゥィーピングを実施してもらった。調査時間は30分間。

     下草のスゥィーピングにより採集された昆虫類は40種と少なく、そのうち18種までがハエ目の昆虫であった。バッタ目2種、ハチ目4種など、草地に比べても全体に少ない確認種数であった。柿の枝葉から採集された昆虫は、チャタテムシの一種、アブラムシの一種、ノミゾウムシの一種、アリの一種など、種数および個体数ともに極めて少なかった。

    調査後の室内作業では、参加者全員で分類群(目レベル)ごとに仕分け作業(ソーティング)を行い、分類群ごとの種数を数えて集計した。採集標本は四角紙に収納整理して書類箱に納めてある(草地の生きもの調査と同様)。

    おけさ柿農園は、日照が強く風通しがよい農園の立地条件、高頻度の下草刈り、散布する農薬の影響などから、昆虫の多様性は著しく低い。生きものも調査の手法は、今後検討の必要がある。

おけさ柿の調査は難しかったです。

今日は、佐渡市で草地の調査。

昨年から、畜産(牛が食べる牧草地の草の調査です。)

今回も、昨年と同じ場所で調査をしました。(新潟県佐渡市)

トキ交流会館の上の方です。

報告は以下です。

     昨年の調査実施日は67日であり、近年はそれから1ヶ月半後の722日の調査であった。調査地の牧草地は2/3程度の面積が草刈り済みで、調査では草刈り未作業の場所に集中して昆虫が見られた。

     採集された昆虫類は、その構成種からみてすでに夏の昆虫相であり、春季出現性の昆虫は全く見られず、昨年と重複する種はおよそ半分程度であった。確認種数は70種で、昨年の52種よりも若干多かった(概要は調査結果を参照)。

     参加者は、草地のスゥィーピングにより熱心に昆虫類を採集した。ただし参加者が調査に集中できるのは、30分程度のようである。採集成果の質と量は、生きものに対する興味の違いからか、参加者においてまちまちであった。なお、生産者の方々はおおむね興味深く調査をされていたようである。

     調査方法は基本的には昨年の手法を踏襲した。しかし今年は、一人ひとりに殺虫管を所持させ、実際に昆虫類を確認しながらそのなかに収納した。これにより調査者には、昆虫類の種類を識別しながら、できるかぎり多くの種類を採集するという意欲をもってもらうとともに、調査後の標本の仕分け作業(ソーティング)の負担を軽減することができた。さらに、異物と混入して標本が破損するのを防ぐという目的もある。

    調査後の室内作業では、参加者全員で分類群(目レベル)ごとに仕分け作業(ソーティング)を行い、分類群ごとの種数を数えて集計した。採集標本は四角紙に収納整理して書類箱に納めてあるが、正式な保存用の標本作製(マウント作業)を比較的早い時期に実施することが望まれる。

    昨年の草地調査の昆虫標本(標本箱1箱)は佐渡市に寄贈した。




今日は、なでしこJAPANが世界1になりました。

嬉しい限りです。

そして、千葉県印旛グリーブでは、第1回田んぼの生きもの調査が行われる日です。

天気がとても良いです。親子で田んぼに入り調査をするのは、始めてと言う声が聞こえました。

さて、どんな生きもの達に会えるのでしょうか?楽しみです。

調査2.JPG
名前調べ.JPG
集合写真.JPG
お絵かき.JPG
調査をした後は、とって来た生きものの絵を書きます。

大人の方には、生きもの語りを書いてもらいました。

どんな、感想が書かれているのでしょうか?絵は、グリーブで飾る予定です。
今日は、旭市干潟小学校の生きもの調査です。

学校から田んぼまで、距離があるので交通事故にあわないように、注意をしないとなりません。

天気が良いので、とにかく気をつけて田んぼまで移動します。

57名のお友達と調査なので、2名のインストラクターが調査します。2つのチームに分かれて開始。

higata1.JPG
higata2.JPG
higata3.JPG
higata4.JPG
学校に戻って、自分が捕まえた生きものの名前を教えてもらいます。また、絵も描きます。

暑かったけど、皆と一緒に調査できた田んぼでの出来事は、絵と一緒に思い出に残る事でしょう。

次回は秋に調査をします。
今日は、千葉県旭市滝郷小学校の生きもの調査です。

今年2回目です。

今度は、みんなで田んぼの中に入って、生きものを探します。

天気が良いのですが、良すぎるので水等持参。小学校から田んぼまでは近いのですが、少し日照りが

強いので熱射病には気をつけないと駄目な日です。

田んぼに行く途中に、トンボに出会います。インストラクターが手を差し伸べると、トンボが指に止まり

ます。児童たちは、トンボがどうしたら指に止まるかを、教わりました。

20110706干潟小学校110080000.jpg稲が大きくなっていたので、かき分けて探しました。

カエル、オタマジャクシ、ヒメガムシ、ゲンゴロウ、など見つかりました。

校長先生も参加してくださいました。