お知らせの最近のブログ記事

TPP参加問題を生きもの語りで解決する」

 

最近の新聞紙上によく登場するのがTPP参加問題です。正式な名称は環太平洋戦略的経済連携協定で、日本が参加した場合の国内農業が受ける打撃と参加しない場合の経済界の損失が議論の中心となっています。議論の中には農村の多面的機能損失の試算や経済成長による税収増で農業の所得補償は賄えないという議論もあります。

これらの議論の展開や農業団体や国会議員の動きを見ていると1993年のガットウルグァイラウンド交渉と酷似していることに気が付きます。「米を一粒たりとも入れない」というムシロ旗を立てて交渉した結果はどうなったのかを思い出してください。関税化の対価としてミニマムアクセス米の受け入れを選択しましたが、その選択には米価下落というシナリオは無かったのです。しかし下がらないはずの米価が当時の24000円から今年は12000円に半減しています。食用に回さないはずのミニマムアクセス米は40万トンから80万トンに倍増しています。その結果、稲作農家の後継者は育たず、減反政策の先行きも見えません。戸別所得補償に展望を見出そうにも米価下落の後押しをしている始末なのです。

このような結末を17年前に予測をした人が日本にいましたか。日本にはいませんでしたが、EUと韓国にはいたのです。EUは価格政策から直接支払政策に大転換をし、農産物価格が半減しても農業経営は直接支払によって賄われています。韓国も1997年に大転換をした結果、FTA締結を積極的に展開し、日本の経済界が遅れをとる形になりました。この17年間に大きな歴史的転換が起きたにも係わらず、日本での今回のTPP参加議論は17年前と同じ構図で行われています。農業団体は17年前と同じく反対を唱えるだけで経済界や国民を巻き込んだ議論展開をしようとしていません。経済界は口では生物多様性と言いながら、多様性に一番影響を与えている農業という産業に対する提案をしようとしていません。国会議員は反対グループを結成するものの長期的戦略を描こうとしていません。17年前と同じく大多数の国民は正しい情報を与えられないままに議論の外に置かれているのです。

今、将に名古屋では生物多様性の重要な国際会議が開催され、地球と人類の運命が決められようとしています。誰もが現在の価値観と経済システムに不安を抱いていますが、誰も国の利益を超えたところで決着を図ろうとしていません。今回のTPP参加の議論も農業問題であるとともに生物多様性の問題であるにも係わらず産業界の対立の構図から抜けきれていないのです。これでいいのでしょうか。

TPP参加によって日本の耕作放棄水田が100haになり、5668種の田んぼの生きものたちが棲家を失ってしまうという試算や仮説のなかで国民的議論をしてみたらどうでしょうか。TPPに参加しても日本の水田や農地が保全される方策は何か。その財源はどのように確保できるのか。TPP参加によって活性化するであろう経済界からどのような支援が可能なのか。国民は安い輸入農産物と自分の周辺の命を育んでいる国産農産物を価格だけで比較するのか。このようなポジティブな議論の中から何をすれば農業と経済と生きものがウィン・ウィンの関係になれるのかが見えてきます。そこで皆さんに提案があります。

生きもの調査活動に参加された方は田んぼがお米の生産だけでなく様々な命を育んでいることを知っています。そのことをもっと多くの人に伝えて欲しいのです。それには「TPP参加反対」のムシロ旗ではなく「生きもの語り」のムシロ旗を立てたらどうでしょうか。生きもの語りは文章だけではなく俳句、詩、川柳を書いても構いません。文章が苦手な人は写真やビデオでもOKです。子どもたちは絵が生きもの語りになります。生産者でもない、消費者でもない、皆が「田んぼ市民」になって「生きもの語り」を伝えることがTPP参加問題の国民的解決の糸口になるのです。

田んぼ市民番号 0000000001

2010年田んぼの生きもの調査の申し込み用紙と料金表が出来ました。

HPにはこれから、掲載いたします。

早めに、ブログで紹介します。

今年から、申し込み用紙に記入してもらい受付をする事になりました。

以前と違う部分もありますが、田んぼの生きもの調査を向上する事で、自然を守っていく事を重視い

たしました。

印刷できるようなっています。

ご覧下さい。

2010年度申し込書.pdf

統一調査.pdf

 

 

映画 牛の鈴音

|

牛の鈴音

牛の鈴音
(C)2008 STUDIO NURIMBO
農家を営む79歳のチェ爺さんには、長年一緒に働いてきた耕作用の牛がいる。牛の寿命は15年というのに、この牛は40年も生きている。しかし最近はそれも限界。獣医は「そろそろ寿命だ」とチェ爺さんに告げる。チェ爺さんはお婆さんと二人暮らしだが、農作業を休む事はない。苦労は絶えず、お婆さんのグチも尽きない。「牛を売って隠居したら」と子供たちは言うがお爺さんは答えない。お爺さんは、このままの生活が一番なのだ。

春

79歳になる農夫のチェ爺さんには30年もともに働いてきた牛がいる。
牛の寿命は15年ほどなのに、この牛は40年も生きている。
今では誰もが耕作機械を使うのに、頑固なお爺さんは牛と働きつづける。
牛が食べる草が毒になるからと畑に農薬をまくこともしない。
そんなお爺さんに長年連れ添ってきたお婆さんは不平不満がつきない。
しかしある日かかりつけの獣医がこの牛はそろそろ寿命だ。
今年の冬は越せないだろうと告げる。

その冬

チェ爺さんは牛市場で新しい雌牛を買った。
年寄りに2頭の牛の世話は無理だ。
お婆さんは老いぼれ牛を売れと言う。
死ぬまで面倒みるさ お爺さんは答える。
こいつは動物だがわしには人間よりも大切だ。

新しい春

若い牛が雌の仔牛を産んだ。お婆さんはがっかり。
雌の仔牛はお金にならない。
お爺さんは相変わらず黙々と牛のために夜明けからエサをつくる。

夏

お爺さんは頭が痛いと時折つぶやくようになった。
働くのを控えなさいと医師はお爺さんに忠告する。
医師の忠告にもかかわらずお爺さんは働きつづける。
休むのは死んでからだ。

秋

鎌で刈るのは老いた夫婦には大変な苦労だ。
近所の人がトラクターで稲刈りの手伝いに来てくれた。
機械でやると米がいくらか無駄になるとお爺さんは言い張るが
どこか寂しそうだ。
お婆さんは子供達に米を送る。
米を作れるのも今年が最後だろう。

そして、最後の冬

当たり前の事が当たり前でなくなっている現在・・・

皆さんはこの映画をご覧になりましたか?

是非、鑑賞してください。BASCからのお勧め映画です。

 


 

3月21日、22日で岩渕先生をお呼びして,田んぼの生きもの調査の学習会を行います。

生物徳島2.JPG

----------------------------------------------------------------------
3月26日(金)13時30分から、東京千代田区の都道府県会館で、
魚のゆりかご水田プロジェクトのシンポジウムを開催します。

農業・農村が生物多様性に果たす役割や、農業振興と環境保全の両立につ
いて、『魚のゆりかご水田プロジェクト』の取り組みを通して、いっしょ
に考えてみませんか? 

----------------------------------------------------------------------
【全国知事会 先進政策大賞受賞記念シンポジウム
「魚のゆりかご水田プロジェクト
   創意あふれる魅力的な施策は魅力ある地域から」のご案内】

http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/gh01/20100303.html

日時:平成22年3月26日(金)13:00?(13:00受付開始)

場所:都道府県会館1F大会議室(東京都千代田区平河町 2-6-3)

内容:・はじめに「地球の小さな窓琵琶湖から」
     嘉田由紀子(滋賀県知事) 

   ・講演「農業農村における生物多様性保全の重要性」
     林 良博 氏(東京大学大学院教授)

   ・講演「地域発の創意あふれる魅力的な施策」
     岡田 秀二 氏(岩手大学農学部教授) 

   ・取組報告「魚のゆりかご水田プロジェクトの取り組み」
     岩? 真治 氏(野洲市魚のゆりかご水田協議会) 

   ・パネルディスカッション
     「地域主体の取り組みで人も生きものも賑やかに」
      コーディネーター 荘林 幹太郎 氏(学習院女子大学教授)
      パネリスト 林 良博 氏
            岡田 秀二 氏
            岩? 真治 氏
            嘉田由紀子
参加費:無料

主催:滋賀県   共催:全国知事会   後援:農林水産省、環境省

お問い合わせ:滋賀県農政水産部農村振興課
        TEL : 077-528-3963 
        E-mail : gh01@pref.shiga.lg.jp


申込方法など、詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/gh01/20100303.html

220326魚のゆりかごシンポチラシ.pdf

来月、第6回「田んぼの生きもの調査シンポジウム」を開催する事になりました。

皆様のご参加、お待ちしております。

チラシがありますので、下記をクリックしてください。

詳細も兼ねています。

申し込みは不要です。

定員は200名です。

第6回シンポジウムチラシ.pdf

 1123日(日)、JAホール(東京都・千代田区)にて、第5回「田んぼの生きもの調査 全国シンポジウム」を開催しました。

 今年は、全国初の「田んぼの全生物リスト」を発表。田んぼの生物多様性をテーマに、講演とシンポジウムを行いました。また同日に、ドキュメンタリー映画「田んぼ」も上映され、たくさんの反響の声をいただきました。

記録集(WORDファイル)

岩渕成紀氏、宇根豊氏講演資料  

呉地正行氏講演資料

2008年 田んぼの生き物調査料金表

1、指導者の場合

       1日(午前・午後)5時間を目途(拘束時間・まとめ指導を含) 50,000円

       半日(午前もしくは午後)2,5時間を目途 25,000円

       交通費、宿泊費実費 請求

2、インストラクターの場合

       1日(午前・午後)5時間を目途(拘束時間・まとめ指導を含) 20,000円

       半日(午前もしくは午後)2,5時間を目途 10,000円

       交通費、宿泊費実費 請求

  貸し出し器具 (3日以内返却)送料実施産地負担

       棲息環境調査器具 10,000円

       金魚網、虫かご、バット、土堀君、コドラート、バインダー等 5,000円

3、講演のみの場合

    講演会講師、調査指導とは独立した講演会

    1、  1,5時間目途、1,5時間以上は都度協議決定 50,000円

       (生きもの調査と組み合わせ時の特別対応)  25,000円

        交通費、宿泊費実費 請求

    2、 インストラクターの講演会講師について 20,000円

        交通費、宿泊費実費 請求

 ※事務局が参加した場合、その時に応じて交通費、宿泊費等実費請求が発生する場合がありま

す。詳細、内容については事前確認を事務局と行います。

料金表を来週、HPに掲載いたします。

現在このようになっております。どうぞ、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

11月23日 日曜日

     場所 JAホール 丸の内線 大手町ビル 9階

参加料金

     映画のみ参加 1,000円

     シンポジウムのみ参加 2,000円

     映画、シンポジウム参加 3,000円

                         領収書希望の方は、声を掛けて下さい。

 

9:30    受付開始

10:00   挨拶

         映画 「田んぼ」 上映 80分

11:30   昼食 おにぎり 朱鷺米 お茶 (販売)  400円

         シンポジウム受付 

13:00   シンポジウム開催

         映画「田んぼ」上映20分

13:50   基調講演会 呉地 氏

         原氏、桐谷氏、宇根氏、岩渕氏 

17:00    終了

                                               予定です。

 

 

「環境goo」でBASCの活動が紹介されました。

●農業と環境とのかかわり描く ― 映画「田んぼ」上映会、都内などで

[掲載記事はこちら]